スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




黄昏に飛び立つ



 ミストに戻ってまず違和感を覚えたのが、村人たちが纏う空気だった。村を挙げて大袈裟なほどに歓迎され、不在の間も手入れしてくれたのだろう、庭先までぴしりと整った生家がリディアを迎えた。
 あらゆる村の大人達が気遣ってくれ、生活が整うのはすぐだった。谷を崩し村を出た過去を考えれば良かったと言えるのだろうが、少し落ち着かない日々だった。


「あーっ、いたいたリディア!」
「エッジ!?」

 その日買い物帰りのリディアを迎えたのは、遠いエブラーナにいるはずのエッジだった。驚いて立ち尽くしたままのリディアにエッジは駆け寄り、少し屈んで視線を合わせるとにかりと笑った。

「おめーの一人暮らしが心配で見に来た。どう? 俺って優しいだろ」
「……ばかっ」

 ぷくりとむくれたリディアを見ても、エッジは嬉しそうに笑うだけだった。

 見せたいところがあるんだ、というリディアに連れられ、二人は緩やかな坂を上がる。途中すれ違った村人はにこやかに見送ってくれたが、どこか戸惑いの色が視線に滲む。気になってはみたものの、見掛けない顔を見たらこんなものだろうかと思い直しエッジはリディアの背を追った。

 小高い丘の天辺には大きな楓がぽつりと立っていて、リディアはその幹に背を預けるように座った。エッジもそれに倣う。
夕陽の、燃えるような紅が辺りを包んでいた。
 リディアは落ち行く陽を見つめたまま、そっと口元を緩める。

「綺麗でしょ。ここはずっと変わらないの」
「うん」
「来るって先に教えてくれたら、ちゃんとお迎えしたのに」
「いやー……そう、バロンに用があって、ついでに来たわけ」

 ついでってひどーい。リディアは呟いて膝を抱いた。もちろんついでに、は分かりやすい嘘だった。

「上手くやってるか?」

 リディアは答えず、足元の花を見つめた。陽が山肌に溶け込み、影が一層深くなる。冷えた風が髪を揺らして、リディアはゆっくりと口を開いた。

「……あのね、あの……。なんだか、大切にされ過ぎているような、気がするの。悪く言ってしまえば、なんだか遠い。わたしがどこかへ行くことを、みんな怖がってる」

 なるほど、とエッジは思った。血が濃いのだというリディアを留めておきたい小さな村。月の幻獣神とすら契約を交わした彼女は、この村ではあまりにも特別になってしまっている。

「まあ、俺だって国じゃヒーローだ、分からんでもない」
「……わたしなんて、ふつーもふつー、ありきたりの女の子だもん」

 ふいと視線を逸らしてリディアは俯いた。伸びた睫毛が頬に影を作る。零れたのは、リディアの願いだ。エッジは、伏せた顔を覗き込むように体を傾いだ。

「おおっ、そーだなあ。良く食べて良く泣いて良く笑って。びっくりするほどお手本みたいな普通のガキんちょさ、おめーは」

 リディアは弾かれるように顔を上げた。
しゃくしゃくと若葉色の髪を遠慮なくかき混ぜるエッジの言葉は、いつも通りの揶揄いを乗せていた。しかしその声色はどこまでも穏やかで、柔らかく細められた瞳がリディアを絡め取った。

「知ってるよ、お前が普通の女の子だって」
「……っ」

 リディアは堪える間も無く、緩んだ涙腺から雫を滴らせた。引き結ぼうとした唇は震えて思うように動かせない。
 きっと、ここに来てからずっと欲しかった言葉だった。
 目の前の胸に飛び込むと、エッジは頭を一つ撫でてからそっと背中に手を回し、リディアが泣き止むまであやすようにとんとんと叩き続けた。



「じゃあ、気をつけてね」
「おう」

 エッジの滞在できる時間はリディアが思うよりもうんと短かった。村の入り口までリディアは見送りに来て、最後に照れたように組んだ指を忙しなく動かした。

「わたし、ちゃんと頑張ってみるよ。……今日、すごく嬉しかった。エッジも頑張ってね」
「それなら良かった。……また来てもいいか?」
「秋には収穫祭があるよ」
「じゃあまた、その頃に」

 穏やかに笑うリディアはエッジの姿が見えなくなるまで手を振り続けた。その背が見えなくなって、浮き上がった飛空艇の機影が点となり、空に溶けるまで、ただひたすらに見送る。
 胸を満たすのはただ暖かな想いだった。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。