スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



五年後には薬指に



しんと冷えた冬の朝だった。
 リディアは身を縮こませ、何度か呻きながらも布団からどうにか這い出た。ああ、冬の朝のお布団ってなんて幸せなのかしら。温もりの残るシーツに、諦めきれずに足先が残る。びょんびょんと跳ねた前髪を直すより先に、いつだったかエッジが全員に配ってくれた半纏(ローザはちょっと野暮ったいなんて言ったけど、これがまたセシルは何故か着こなしてしまうのだ)に腕を伸ばした。

「んん……?」




「おはようローザ」
「おはようリディア。寒い、寒すぎるわ」
「ねえねえこれ、ローザのかな?」

 指先を震わせながら顔を洗うローザの元へ、リディアが小箱を持って現れた。ローザはふかふかのタオルに頬を埋めながら、首を傾いだ。

「たぶん私のではないけど、どこにあったの?」
「起きたら枕元に」
「ふうん……クリスマスプレゼントかしら」
「クリスマスはまだだよローザ。私まだサンタさんにお願いもしてないし……」

 可愛らしく首を傾げたリディアに一瞬気が遠くなりながらも、ローザは七つまでしかプレゼントをもらえなかったリディアが傷つかぬよう、慎重に慎重に言葉を選びながら説明した。

「し、知らなかった……子供しかプレゼントもらえないなんて……幻界には煙突ないからサンタさん来れないってアスラに言われたし……」

 意外と幻獣王妃は俗っぽい説明をしたようだ。よろよろと分かりやすくショックを受けたリディアに、ローザは慌てて大げさな手振りで追加した。

「だから、えーっと、大人になってからは友人とか恋人同士で送りあったりもするのよ! 私も今年はリディアにプレゼントあげたいなあ!」
「わあ、嬉しい! じゃあ交換しようね! それなら、本当にこれは誰のなんだろう」
「うん、で、分からないから開けちゃえばいいわよ」

 ローザはやたらと強気だが、もし自分宛てのプレゼントでなかった時ものすごく申し訳ないことになる。リディアは困ったように眉を下げた。

「本当にいいのかな」
「送り先書いてないんだから、仕方ないわ」

 うーん。まあ、そうかも。贈られた側が相手の不備を振りかざすのはいささか乱暴な気もするが。リディアはローザの言うことをほとんどの場合正しいと思っている節がある。実際ローザは、セシル絡みでなければ大体は正論で攻めるタイプだ。セシルが絡むと暴走するとも言える。あっさりと切り替えてリディアは指先をリボンに掛けた。
 ローザはリボンが解かれて行く様を見ながら、どうしてこう回りくどいのかしら? と朝早くに出掛けた騒がしい男を思い浮かべた。

「わあ」

 小箱に入っていたのは、コンパクト型の鏡だった。リディアの手のひらにぴったり納まる小さな銀色の鏡だ。表面にだけ、華美でない程度の花の模様が繊細に彫られている。リディアは目を輝かせて鏡をぱちぱちと開け閉めした。

「すごくかわいい」
「うん、かわいい。びっくりしちゃった」

 リディアが興奮気味に顔を上げると、ローザが身を乗り出して鏡を見ていた。ローザの目も年相応にきらめいている。女の子はほとんどみな可愛いものが好きである。

「……これやっぱりローザのだったかな」
「ううん、リディアのだわ」

 ええ、なんで分かるの。とリディアは鏡をしきりに見回した。開けて閉めて、ひっくり返して表と裏をじっくり見ても、リディアに宛てたものだという証拠はなかった。唸るリディアを見て、ローザは口端を上げた。

 だって私はこのくらいの鏡をもうずっと持っている。母にわがままを言って譲ってもらったもので、壊れるまで絶対に持ち続けるぞという気概と執念の入った鏡だ。そもそもリディアに鏡を贈ろうなんていうのはあの中には一人しかいない。たまにはやるじゃない。プレゼントの選択は、ローザのお眼鏡に適ったようだ。



 さっそく誰がこの鏡をくれたかリディアは探そうとした。まず出てくるのは旅を共にする仲間だ。セシルには違うよ、と言われた。あとはカインにエッジだが、珍しく揃って不在だ。その二人も違ったら、シルフに聞いてみよう。

 テントに戻ってからもリディアは鏡を離さず手元で遊ばせる。リディアは自分の鏡を持っていなかった。これまで洗面台の鏡があれば事足りたし、自分で買おうという発想はなかった。ローザが小さな鏡を持っているのは知っていて、一緒に覗かせてもらったこともある。白地にピンクの模様が入った鏡はローザに誂えたようにぴったりで、とても可愛らしく、きらきらとしていてリディアにはまだ早いかな、と思えたからだ。
 鏡を見てふと気になり、少し跳ねた前髪を直した。鏡が手元にあればこんなことだってちょちょいと出来るのだ。まるで大人の女性になったようで、リディアの気持ちが浮つく。今度ローザに頼んでお化粧してみようかな、とも思った。

「お、お前そんなに自分の顔が好きか……」

 突然後ろから話しかけられてリディアはびくりと肩を跳ねさせた。振り返るとテントの入り口をめくったエッジが、くつくつと笑いを噛み殺していた。全然隠せてないけど。

「び、びっくりした! 驚かさないでよ、エッジ!」
「やー悪い、ちょっと大人っぽいものもらったからって舞い上がっちゃってかわいーの。やっぱ子供だなあ」

 また子供扱い。馬鹿にされている。リディアはむくれてにたにたと笑うエッジの視線から隠すように鏡を握った。ちょっとくらい背伸びしたっていいじゃないか。女の子だ。戦いの日々だってちょっとくらい髪型を気にしたり、戦闘の後に顔の汚れを拭ったっていいじゃないか。エッジに馬鹿にされたのがことのほか悔しかった。もう絶対に見せまいと鏡を後ろ手に逃がす。
 いいもん。少なくとも鏡をくれた人は、リディアに使って欲しいと思って贈ってくれたのだろうから。

「……ん?」
「なに、怒った?」
「なんでこの鏡、もらったものって知ってるの」

 今度はエッジが肩を跳ねた。ガタンガタンと大げさに音を立てながら後ずさって一瞬で耳まで赤くなった顔を見たら、いくら鈍いリディアでも分かる。
 ここにローザがいたら、笑いが抑えきれなかったかどうか怪しい。

「あれ、これ、エッジがくれたの……?」
「あーーーっ! それね! そうだったような気がしなくもなくもないかもね! せいぜいローザの真似でもしとけよじゃあな!」
「えっちょっと待ってよ!」

 軽やかに身を翻してエッジはテントから走り去った。すぐさま追ったが逃走モードのエッジには、リディアの足ではとても追いつけない。すぐに見失った。息が切れたところでリディアが座り込んだ。握ったままの手を開いて鏡をもう一度見た。ぶわ、とリディアの顔にも血が上り、背中がむず痒い。外は寒いはずなのに、じんわり汗ばんでいる。
 口を開けばガキだのお子様だの言うあのエッジに、もう大人だと認めてもらったような気がしたのだ。もしくは、大人の一歩を踏み出せと背中を押されるような。恥ずかしさが通り過ぎると今度は嬉しさがやって来る。鏡で確認する気にはなれなかったが、今きっとふにゃふにゃした顔だろうと思った。


 昼食になりしぶしぶながら現れたエッジに、『ねえねえ、プレゼントのお返しなにがいい?』としれっとリディアは聞き、エッジは変な声をあげてまた逃走した。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。