スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト



当サイトは二次創作サイト様に限りリンクフリーです。
お知らせ頂けたら嬉しいです!

Love is you/みなみ

サイトアドレス
http://liy42.blog.fc2.com/

バナーはお持ち帰りでお願いいたします。
r.png







スモカの巣/スモカ様




色いろは/甘夏様




みそにこみ定食/miso様









HOME




そして二人はここから始まる




 そして二人は夏の終わりに、永久の別れと相成りました。


 そうはバロン夫妻が卸さなかった。
 幻界とミストを行き来するリディアを目敏く捉え、やれ何々の記念式典だ、やれ誰々の誕生日だなんだで呼び出した。

 それは交流深い仲間も同じことで、セオドアが初めて喋った七周年記念日(セオドアは不在だし参加者は主催を除き三人だ)とかいう日には、さすがのギルバートも疲れた顔を隠せなかった。基本的にギルバートは人が好い。
 陛下夫妻ともなると何かに託けねば旧知の友に会う機会もなかなかないのだなあと思うと、リディアはふたりの親友として是が非でも出なければという使命感に駆られる。リディアは皆と会えるのが純粋に楽しかったし、呼ばれる人間の中では大分暇であった。

 集まる面々はその時々で違えど、リディアはエッジがこれまで来たのが三回だと覚えている。二度と会わないと言っておきながら、三回も!
 久々に会ったエッジはいかにも普通だった。「よっ」なんて軽く声を掛けて、いつものようにさり気なく料理を取り分けてくれたり、人波にぶつからぬようにリディアを上手く連れて城下を歩いた。
あの夏の終わりは夢だったのかもしれないなあ、とリディアも思い始めるくらいには、エッジは普通だった。

 ローザとセシルが、エッジとリディアの事に気を揉んでいるのは分かったが、二人にはあの夏から幻界にいることの増えたリディアを、人間界に留めておきたい気持ちがあることも知っていた。おかげで私は帰るところがあると、私は人間だと胸を張って言えるのだ。
 二人には、本当に感謝している。



 それからまた随分と時が経った。
 エッジと会うのは両手の指では足りなくなった。それどころの騒ぎではないのだが、またみんなと一緒に月まで行ってきたのだから。
 それからリディアにはクオレという娘が出来た。このクオレとエッジは妙に馬が合う。クオレに会うのだと意気込んでエッジはまたミストへと足を運ぶようになった。

「海が見てみたい!」

 絵本から勢い良く顔を上げたクオレの言葉に、エッジの目元が一瞬引き攣った。あの日から何年も経って、いつだって普通だったエッジの、初めて見る揺らぎだった。それを見ながらリディアは、ああ、あの日のことは夢じゃなかったんだなあと思う。

「海なら飛空挺から見たことあるでしょう? あの青いのが海だよ」
「分かっている、けど! あれとは違う」

 興奮したようなクオレを宥めすかすが、誰に似たのかクオレは好奇心旺盛だ。多分二人ともに似た。
エッジは立ち上がると、ひょいとクオレを担ぎ上げ、肩車した。

「知ってるか、海はこの地上の七割を占めているんだ」
「それは凄く大きいのか」
「クオレの両手にはとても収まりきらない。俺だって無理かもなあ」

 感嘆の声を上げるクオレだが、リディアは日の傾きに気を揉んだ。

「もう遅いわよ、エッジ」
「ええーっ」
「ちょっとだけちょっとだけ」

 エッジはクオレを片腕でしっかりと押さえたまま、もう片方の手でリディアの手を掴む。

「俺たちには足があるんだ、クオレ。……今日は飛空挺だけど。えーっと、どこへだって行けるのさ」

 クオレを揺らし過ぎないよう、さりとて早足でエッジは飛空挺へと向かった。エッジは、あの日をやり直したいのかもしれない。
 どこへだって行ける、か。
どこにも行けなくなったのはエッジじゃないの。
 別れの日から消えることなく、リディアの体の中いっぱいに膨れ上がった恋は、ここに来てどうやら限界を迎えたらしい。満ちて弾けて、とうとう目から溢れ出した。震える呼吸と汗ばむ指にエッジが気付かぬはずもない。黙ってくれているエッジに感謝して、しとどに濡れた頬を乱暴に拭った。
 飛空挺に乗り込む前に、リディアはエッジから竹筒を借りて小川の水を注いだ。こうしておくと後が楽だとあの時覚えた。ついでに目元も冷やす。

 クオレは甲板から景色を眺めてはいろいろとエッジに問いかける。飛空挺に乗せたことは初めてではないが、陽が落ち紅く染まった世界はまた違った顔をしていた。リディアとてあまり見ないものだから圧倒されてほうと息を吐いた。

 着いたのはやはりエブラーナだった。まだ陽は落ち切っておらず、海と空の境目はぐずぐずに溶けて揺らめいている。言葉に出来ないくらい美しかった。
 時間はそんなにないぜ、と焦ってエッジはクオレをまた肩車して、波打ち際まで走った。
 リディアは岩場に腰掛けて二人を眺めていた。目を閉じるとざざん、という大きな音の中にぱしゃぱしゃと小さな音と楽しげな声が聞こえる。幸せの輪郭がそのまま見えた気がした。誰もが人生全てを掛けて探すものは、こんな風に形あるものだったのかもしれない。
 涙が溢れては砂に吸い込まれていった。

 戻ってきたエッジは眠ってしまったクオレを横抱きにしていた。砂浜を見ると、作りかけた砂の城が、夕暮れの満ち潮に絡め取られていく。起きたらがっかりするだろうか。
 眠ったままのクオレの足を持ってきた水で洗う。気温に馴染んだ生温い水は、クオレを目覚めさせることはなかった。元通りに靴を履かせてから、リディアは竹筒の蓋を閉め直した。ふたりの間には言葉もなく波の音だけが流れる。宵闇が迫っている。

「今日は遅いから泊まっていけ」
「うん」

 エッジの言葉に短く返してから、リディアは頭をエッジの肩に預けた。エッジが一瞬びくりと震えたのがなんだかおかしかった。触れたところからじんわりと馴染んだ体温が広がっていく。やっぱり私は、馬鹿みたいにただひたすらに彼が好きだった。
 クオレが起きぬよう気遣いながら、エッジはリディアの顔を覗き込んだ。
 唇が触れ合う直前に見たエッジの顔は、夏の夕陽のように揺らめいていた。









そして二人は夏の終わりに




「海が見たいなあ」

 何気ない会話の中に、ぽつりと落ちた言葉を拾い上げたエッジは、直ぐさまリディアの手を掴んで駆け出した。

「見れるだろう、何せこの星は海に囲まれている!」

 七割だったかな? 走りながら言うエッジの声は風に流れ、耳元で囁かれたように近く響く。リディアは口元に笑みを形取ってから、見えないのだからいいかとすぐに止めた。
 エッジには簡単なことでも、私にはひどくむつかしい。




 抵抗しようという訳でもないが、彼女の都合を確認もせず、エッジはさっさとリディアを連れて飛空挺に乗り込みその機体を浮かび上がらせた。しばらくすると遠くに青がちらちらと見える。

「海だ」
「もういいのか?」
「ううん、ちょっと違う」
「だろうな」

 リディアは甲板に備え付けられた木のベンチに腰を下ろした。右斜め後方ではエッジが操縦桿を握っている。それ以外に特に会話もなかったが、無言の空気が重くなる間柄でもなかった。
 リディアは黙って遥か地上の海を眺めた。

海は怖い。私を飲み込み、仲間を散り散りばらばらにしてしまったから。
海は怖くない。リヴァイアサンが守ってくれているから。

 大人になっても、子供の頃の衝撃は大きいままに残っている。
 今となっては事情をすっかり把握していても、飲み込まれる圧倒的な水の恐怖という純粋な体験は、なんとなくリディアを深く大きな水から遠ざけていた。

 その内リディアは少し眠ってしまったらしい。





「着いたね」
「着いたな」

 飛空挺が降り立ったのは大方予想通りにエブラーナだった。この国は四方八方を海に囲まれた島国だ。もちろんミスト擁するバロンにだって海はある。が、わざわざここまで来なくてもなどと無粋なことは口に出さない。

 ごつごつとした岩場に差し掛かって、エッジはリディアの手を取った。いつだってエッジの手は大きく暖かかったけど、触れるのに理由が必要になったのはいつ頃だったっけ。
 塩をたっぷりと含んだ風が髪を撫で付ける。後でしっかり洗わないと、リディアの髪はすぐべたべたになって絡まってしまうのだ。ちょっとエッジの短髪が羨ましくなった。岩場を抜けて砂浜に出ると、リディアはするりとエッジの手を抜けて走り出した。

 ぱしゃんと蹴るように波打ち際に突っ込んで、リディアは素直に笑んだ。

「冷たい!」
「ちゃんと裾を持て」

 冷たさで言ったら山あいを流れる地元の川の水の方が冷たい。それでもリディアはこちらが良いと思った。ミストを流れるあの水も巡り巡って混じり合い、いつかここに辿り着くのだろうか。そう思うと水ですら妬ましい。

 一通りはしゃぐと、リディアはエッジの待つ岩場へ戻った。エッジは竹筒を取り出すと、リディアの膝下からさらさらと流し、丁寧に足の砂を落とした。その後手拭いで水分を拭われる。足の指の間までエッジの手が差し掛かると、リディアはくすぐったくなって笑い転げた。

「パンツ見えるぞ」
「あははっ……み、見ないでよ! ふふ、あはは……!」
「見えた」

 顎を蹴られたエッジは仕上げにきちんとサンダルを履かせた。
 並んで座り海を見やると、太陽が水平線とくっついてとろりと溶け混じっている。頃合いがミストの日没とそんなに変わらないな、と思い夏の終わりを感じた。


 帰りの飛空挺でリディアはまた寝入ってしまった。寝入り端に見た、「良く寝るなあ」という呆れ声と、被せられた薄手の布と、柔らかく唇を塞いだ感触は、今となっては夢だったとリディアは思っている。



「今日はありがとう、エッジ」
「どういたしまして。たまには遠出もいいだろ」

 リディアはエッジに握手を求めて手を差し出した。程なくそっと握られる。

「私、今日のこときっと忘れないわ。そのくらい楽しかった。さようなら、エッジ。もうエッジには二度と会わない」









斜めうしろ45度




 リディア達が幻獣を追って辿り着いた磁力の洞窟には、パロム、レオノーラ、そして操られたシヴァがいた。
 トロイアの少女、レオノーラとの出会いだった。



「あの、リ、リディア様……」
「レオノーラ。体調はどう?」

 船室から外を眺めていたリディアに、レオノーラがおずおずと声を掛けた。見紛えば怯えているようにすら思えるが、どうやら常からこの調子らしい。

「だ、大丈夫です! 何だか大事になってしまって、驚いていますが……」
「そうね。……みんな無事だといいんだけど」

 憂うリディアの横顔を見つめ、レオノーラが神妙な面持ちで頷いた。重くなった空気を切り換えるようにリディアがそうそう、と手を合わせた。

「レオノーラは、トロイアの神官さんなんだよね?」
「今はまだ見習いですが、きっとなりたいと思っています」

 自信なさげな物言いに反して、レオノーラの瞳は真剣だった。リディアはそっと口角を上げる。

「うん、その心意気!」
「ありがとうございます! ……あの、リディア様のお話は、パロムから聞いていました。リディア様は召喚士でありながら高名な黒魔法の使い手だって」

 神官になる修行の一環で黒魔法をパロムから教えてもらっているのだ、とレオノーラは付け足した。

「高名なんて初めて言われたわ。パロムの方が凄いと思うけどなあ」
「いいえ! 口をこーんなにひん曲げてたので、絶対本当です!」

 レオノーラはいーっと口端を下に引っ張った。身を呈した物真似だ。パロムが見ていたらレオノーラは今頃、刺されんばかりの冷気に包まれていたに違いない。
 さすがにリディアは声をあげて笑った。

「じゃあパロムの優しさに甘えて認めましょう! ああ、私の事はリディアでいいのよ?」

 涙すら浮かんできた目元を拭いながら、リディアが言った。リディア様なんて呼ぶ人は周りにいないのだから何ともむず痒い。これがエッジやギルバートなら慣れているだろうけれど。
 レオノーラは慌ててぶんぶんと両手を振ってみせた。

「そそそそんな! 出来ません! 私みたいな若輩者が……!」
「でもパロムのことは呼び捨てなのに」

 軽く口を尖らせたリディアは、レオノーラの想像していた黒魔導士リディアとは少し違っていた。
 レオノーラはパロムのせいか理知的で切れ者――そう、黒魔法に例えるのならブリザラ――という少々偏った黒魔道士のイメージを持っていた。拗ねたようなリディアの表情は少女のようにすら見える。肩の力が幾分か抜けた。

「パロムは一応年下ですし……えっと、呼び捨てにしないと凄く不機嫌になるので仕方なくなんです……」
「あ、そうなんだ。レオノーラはいくつなの?」
「パロムの二つ上です」

 途端にリディアの動きが止まった。きょとんと瞬きを繰り返すリディアに、おろおろとレオノーラが声を掛けようとした時。

「リディアー。見張り交代の時間だぞ」

 エッジがひょこりと顔を覗かせた。レオノーラを目に留めて、片手を挙げる。
 レオノーラからしてみれば見知らぬ遠い国を統べる国王陛下だというのだから、より一層恐縮して縮こまった。何だろう、この船には有名人しか乗れないのだろうか。

「すみません! 私がリディア様とお話したいばかりに引き留めてしまって……!」
「いや? 別に構わないけど。代わるかリディア」
「あ、行くよ! ちょっと待って」

 エッジの声に反応してリディアが腰を浮かせた。レオノーラに振り返ってやわらかく微笑む。

「ごめんね、見張り当番だから行ってくるね! 黒魔法のお話はまたしよう。今はゆっくり休んで」
「は、はい! お時間とってしまってすみませんでした……!」

 レオノーラは遠ざかる二人を律儀に見送って、自分に割り当てられた船室へと向かった。あの時、リディア様は何に反応したのだろう。パロムなら何か分かるだろうか。




「……で? どーしたのリディアちゃん」
「え?」

 リディアが首を傾げて何のこと? と付け足すとエッジの顔が僅かに歪んだ。

「えー。なんか凄いそわそわしてるっていうか、どう見ても変だぞお前。やっぱ休む?」
「どうして分かっちゃうの」
「ほれ見ろ」

 リディアの滑らかな額をぐりぐりと突っついてやると、むくれて額を押さえ、話し出した。

「私ね、本当ならレオノーラと同い年だったの。驚いちゃって、一瞬動けなかった。今まで気にしたことなかったし、自分でも不思議なの。
悲しいっていう訳じゃないの、本当に。なんて言うのかな? こういうの……」

 リディアの言葉は流石に予想外だったに違いない。エッジの歩みはのろのろと遅くなり、しばらく歩いてから組んだ両腕を解いてリディアに差し出した。

「……言葉に出来ない事の方が世の中多いと思うけど、悲しいとか切ないは近いんじゃないか。なにかを置いてきたような気がするっていうか」
「置いてきた?」

 素直にリディアが取った指先を絡め返して、エッジはまた歩き出した。

「うーんと、本当ならあの辺……パロムとかと年も近くてとかさ、でもそれならセシルやローザ達ともまた違った関係になってたかもとか。
何かしらの選択のあと、あの時違う選択をしていたらどうなってたかなって思うことは往々ある」
「…………」
「こういうのはどっちも間違いじゃない時が難しいよな」
「……エッジ、やっぱり凄いかも」

 リディアの頬はみるみる紅潮した。エッジを見つめてこくこくと頷く。エッジの答えは思っていた以上にリディアの胸にすとんと落ちた。もしかしたらずばり言い当てられている。
 特別なことじゃなく、垣間見えた選ばなかった道の先が気になるという、誰にでもあるそれだけの事だったのかもしれない。

「しかしまあ何よりも、間違いだったなんて言われたら」
「……言われたら?」
「俺が困ります」

 意地悪そうに笑うエッジの逆の手が、リディアの頬に触れた。先ほどまでとは違う意図を持って、指先が唇を掠める。

「ちょっと! こんなところで!」
「ここじゃなかったらいいんですか」
「そういうことじゃなくて! 見張りなんだから早く行かなきゃいけないでしょ!」

 あっさりと手を離したリディアはつんと顔を背けて、逃げるように走り出した。手を離したところでどうせ同じところへ向かうのだ。エッジはくつくつと笑うと、その背中に投げかけた。

「通路は走らない!」





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。